なまってごめん! 方言で伝える久慈

2013.06.13


NHK朝ドラ「あまちゃん」で一躍有名になった、あまちゃんの舞台 久慈市小袖の方言。
NHK朝ドラあまちゃんの劇中でもたびたび使われ印象的な「じぇじぇじぇ」など、
今年の流行語とも言われるほどの注目度です。

しかし現実には若い世代、さらにはその親世代も「じぇじぇじぇ」などの
方言を使わず 標準語に慣れるようにし、結果方言は失われつつありました。

あまちゃん久慈方言じぇじぇじぇ

そんななか、久慈の方言を大切にそして久慈の現状を「久慈の方言」を使って、
詩を書かれているかたがいらっしゃいます。
久慈市在住の詩人の宇部京子さんは「久慈の方言」を使い、
久慈の昔のお話や復興への思いを詩にされる活動をおこなっておられます。

宇部さんの詩に使われる方言には、私たちには少しわかりづらい言葉もありますが、
それ以上に久慈の雰囲気を方言から感じることができます。

大切な文化の一つである“方言”。NHK朝ドラ「あまちゃん」や過去のNHK朝ドラ作品、
宇部さんのような活動によって私たちの大切な文化が
“自信をもって”つながっていくのだと考えさせられます。

 

宇部京子さんの作品はコチラから
「宇部京子の北リアス」宇部京子さんHP

詳しくはコチラ
「なまってごめん!」&「おがげさんで!」宇部京子さんブログ
「あまちゃん 方言コーナー」