家それぞれの作り方が・・・ あぁ、まめぶの歴史

2013.06.14


あまちゃんまめぶ作り方レシピ久慈 ・・・さいしょはそういう反応だよね。
甘さとしょっぱさが口の中で緊急会議を開くよね。
結論としては・・・

 

あまちゃんまめぶ作り方レシピ久慈

おいしいんです、とっても!
あまちゃんのロケ地 久慈市の郷土食の一つである「まめぶ」。
くるみと黒砂糖の入った(くるみのみの地域もあり、作り方・レシピは様々。)
小麦のだんごのこと。
その「まめぶ」が具だくさんの汁に入ったものが「まめぶ汁」なんです。

 

あまちゃんまめぶ作り方レシピ久慈 もともとまめぶは、30万本の白樺林で有名な
久慈市 山形町(旧山形村、平成18年に久慈市と合併)の
8つの地域で古くから食べられてきました。

実は久慈の沿岸部では
あまり食べられていなかったようなのです。

あまちゃんまめぶ作り方レシピ久慈 「まめぶ」の作り方・レシピは地域ごと、家ごと
それぞれのまめぶの作り方があるそうなんです。

さらに 「口の中で緊急会議を開く」要因である“黒砂糖”は、
戦後になってから入りだしたとも言われています。

あまちゃんまめぶ作り方レシピ久慈 「甘いんだか?しょっぱいんだか?」と、
あまちゃんでも言われたまめぶの味。
久慈にはほかにもそんな味付けの食べ物があるんです。

この「みみっこもち」は、味噌と砂糖の
“甘じょっぱい”餡が小麦粉の生地で包まれたもの。
まめぶ同様、甘くしょっぱい味付けなのです。

あまちゃんまめぶ作り方レシピ久慈 さらに久慈より南の地域で食べられている「ひゅうず」。
こちらの餡も味噌と砂糖の“甘じょっぱい”味。
まめぶ餡に作り方・レシピが似ているのです。

この甘じょっぱい味付けが、この地域の方々が好む
作り方・レシピなのかもしれませんね。

 

あまちゃんまめぶ作り方レシピ久慈

小麦のだんご(まめぶ)一つとっても作り方、種類と奥が深い久慈の郷土食。
それだけではなく、この辺りにはとても奥深い“五穀”の文化があるようです。

 

あまちゃんまめぶ作り方レシピ久慈 まめぶの歴史、作り方など、奥深さをかみしめながら、
ついつい、2杯もまめぶを食べてしまう・・・
それぐらいおいしかった(はまった?)まめぶ。

みなさんも、あまちゃんのロケ地 久慈市で
いろいろな作り方のまめぶを楽しんでくださいね。

 

詳しくはコチラ
「食の観光情報」久慈市観光物産協会
「まめぶマップ」
「海・山・里の逸品を食べる」北いわて広域観光ポータルサイト
「久慈まめぶ部屋」ブログ
久慈市の“じぇ”な郷土食「まめぶ」